工法紹介

低空頭工法

概要

オールケーシング工法の持つ特長である場所打ち杭・土留連続地中壁・ディープウェルなどを、より高効率性や高い鉛直精度を損なわず、施工上空制限の厳しい場所や狭小な施工空間での施工を克服しました。

仕様・寸法図

スーパートップ1500LC(低空頭型)

チュービング装置本体 RT-150L
掘削口径(φmm)800-1,500
ケーシング引抜力(kN(tf)) 1,932(197)
ケーシング押込力(kN(tf)) 最大363(37) 
特殊工法時1,177(120)+
自重206(21)
押込ストローク(mm) 500
回転トルク
(kN・m(tf・m))
1,128/647(115/66)
回転数(min-1(rpm)) 1.6/2.7
重量(ton) 28.0
油圧パワーユニット RTP-180L
エンジン名称 日野 EP100T
エンジン出力
(kW(ps)/min-1(rpm))
136(185)/2,000
重量(ton) 4.6
寸法 L×W×H(mm) 3,647×1,600×2,056
ページトップへ戻る