工法紹介

サイレントパイラー工法

概要

無削孔の静荷重によってパイルを圧入・引抜する工法で、低騒音と低振動のため制約のある現場でも施工が可能。パイルの長さや打ち止めの高さも、任意設定することができます。

特長

施工空間の狭い現場や中小の河川、住宅地など、さまざまな制約がある現場でも機動性を発揮します。

ページトップへ戻る