工法紹介

マルチトップ工法(武蔵)

概要

ハンマーグラブ掘削とドリリングバケットの掘削が可能

オールケーシング工法掘削専用機「武蔵」は、硬質地盤オールケーシング工法、揺動式オールケーシング工法のケーシングチューブ内部掘削にハンマーグラブとドリリングバケットの2種類の掘削装置を1台の機械で行い地盤の状況に応じて使い分けることによりあらゆる土質に対応することが出来ます。

マルチトップ工法
ベージトップへ戻る

特長

「武蔵」は、80ton吊クローラクレーンがベースで、スーパートップ工法の相伴に必要なすべての作業をこなす、オールマイティな相伴機(硬質地盤オールケーシング工法掘削専用機)です。

掘削からチュービングマシン本体吊作業、
ケーシングチューブ・鉄筋籠の
補助作業などのあらゆる吊作業を
1台の機械で行えます。
従来、同様の工法の場合、掘削専用機(アースドリル)と吊作業専用クローラクレーンの2台の大型重機による作業が「武蔵」1台で行えます。
ハンマーグラブ、ドリリングバケットの
2種類の掘削装置を1台の機械で
施工できます。
従来のオールケーシング工法の場合、掘削装置はハンマーグラブによるものでしたが、ドリリングバケットとハンマーグラブの2種類の掘削機構を備えた「武蔵」なら、土質に最も適した掘削効率の高いツールでの掘削が可能です。

■ドリリングバケット掘削
土の掘削能率が高いだけでなく、ハンマーグラブに比べて高能率で水中掘削が可能。

■ハンマーグラブ掘削
岩盤・転石・玉石・コンクリート・鉄筋コンクリートなどのドリリングバケット掘削不能な地盤に対して高能率な掘削が可能。
硬質地盤オールケーシング工法
専用掘削機です。
従来のドリリングバケット掘削併用オールケーシング工法の場合、アースドリル機使用でのケーシングチューブ中堀掘削を行うためにケーシングチューブの長さが長いのでいったん地盤に圧入しなければなりません。「武蔵」はオールケーシング工法でのドリリングバケット掘削が可能なように設計されているので、ケーシングチューブ圧入と並行して掘削が可能です。
静かな作業が行えます。 「武蔵」は超低騒音型ベースマシンを使用。ケリーバ掘削時は掘削作業時に発生する衝撃音がないため、従来のオールケーシング・硬質地盤オールケーシング工法の場合に問題となる騒音がほとんど無く、静かな作業が可能です。
ベージトップへ戻る

多様な作業性

スーパートップチュービングマシン移動/設置作業姿勢

スーパートップチュービングマシン移動/設置作業姿勢

ケリーバ&ドリリングバケット掘削作業姿勢

ケリーバ&ドリリングバケット掘削作業姿勢

ハンマーグラブ掘削作業姿勢

ハンマーグラブ掘削作業姿勢

補助吊作業姿勢

補助吊作業姿勢

ハンマーグラブ掘削作業

ハンマーグラブ掘削作業

スクリューヘッド掘削作業

スクリューヘッド掘削作業
ページトップへ戻る

施工フローチャート

ページトップへ戻る

仕様・寸法図

武蔵(DH800-ST)の主要仕様/諸元

項目 ハンマーグラブ仕様ケリーバ仕様
最大吊下質量 50ton×6.4m
基本ブーム長さ 22m
掘削径 800〜2000mm 600〜2000mm
最大掘削深さ 40m(44m:フレーム下方)
ケリードライブ回転トルク 108〜kN-m
(10.7〜4.9tf-m)
ケリーバスラスタストローク 600mm
ケリードライブ回転数 43〜10min-1
ロープ径 主巻 φ28.0mm ハンマーグラブ
補巻 φ28.0mm ケリーバ吊 ケリーバ吊
第三 φ22.4mm RT吊
第四 φ28.0mm ハンマークラウン 補吊
起伏 φ20.0mm ブーム起伏
ロープ
巻上
巻下
速度
主巻 115〜53/26m/min
補巻 115〜53/26m/min
第三 40m/min
第四 115〜53/26m/min
起伏 44m/min
旋回 3.2min-1
走行速度(高/低) 1.4/0.9km/hr
定額出力 184kw(250ps)/2100min-1
全装備重量 112.0ton 109.5ton
平均接地圧 121kPa(1.23kgf/cm2) 118kPa(1.20kgf/cm2)
ページトップへ戻る