工法紹介

NSエコパイル工法

概要

工法の詳細を動画で分かりやすくご紹介 概要

NSエコパイルは杭先端部に螺旋状の羽根を取り付けた開端鋼管杭(先端羽根付杭)に回転力を付与することにより、地盤に貫入させる回転圧入鋼管杭工法です。
狭小地、上空制限、近隣施工に対応できるため、密集地や都市内部に活用できます。また、開端鋼管杭(先端羽根付杭)に角材を取り付け土留め杭となります。

ページトップへ戻る

特長

杭の先端に螺旋状の羽根を取り付け、回転圧入による貫入を行う為、無排土で施工ができセメントミルク・コンクリートなどの養生期間を必要としない為、他工法より短期間で施工できます。また、鋼管杭を逆回転する事により容易に杭を抜くことが出来るのでリサイクルが可能です。

いままで難しかった場所でも施工が可能に

L=3.608〜13.054mのリーダを所有しているので、電鉄工事においての線路内工事も容易に行えます。

狭い道でも 搬入できます

住宅地、繁華街、既設工場内などの道幅が狭い場所にも機械が搬入でき、工事を行うことが可能です。

小さな施工スペース でもOK

最小施工スペースは約5×10m。セメントプラントなども不要です。

既存建物の狭間や 密集地でもOK

杭芯から50cmの「余地」があれば、どこでも施工が可能です。

高さ5mの 上空制限にも対応

屋根や上空障害物があっても施工が可能です。

土留め杭としての施工が可能

開端鋼管杭(先端羽根付杭)に角材を取り付け、土留め杭としての施工も可能です。

緊急脱出装置で速やかな移動退避 

軌道内で機械トラブルにより移動困難な時は緊急脱出装置があるので速やかに移動退避できます。

ページトップへ戻る

施工フローチャート

3点式杭打ち機

3点式杭打ち機
ページトップへ戻る

杭の寸法について

NSエコパイルに用いる杭径と羽根径の組み合わせは下表のようになります。

ページトップへ戻る

リーダー組み合わせ例

仕様 1段シリンダー
リーダー全長12751121511167111151
リーダー有効長 12380 11780 11300 10780
仕様 1段シリンダー
リーダー全長 11071 10551 10071 9791
リーダー有効長 10700 10180 9700 9420
仕様 1段シリンダー
リーダー全長 9471 9191 8711 8191
リーダー有効長 9100 8820 8340 7820
仕様 1段シリンダー
リーダー全長 8111 7591 7111 6531
リーダー有効長 7740 7220 6740 6160
仕様 2段シリンダー
(A)
リーダー全長 4995
リーダー有効長 4660
仕様 2段シリンダー(B)
リーダー全長 4595 4115 3515 3315
リーダー有効長 4260 3780 3180 2980
ページトップへ戻る