工法紹介

NSエコパイル工法(大口径)

概要

工法の詳細を動画で分かりやすくご紹介 概要

NSエコパイルは杭先端部に螺旋状の羽根を取り付けた開端鋼管杭(先端羽根付杭)に回転力を付与することにより、地盤に貫入させる回転圧入鋼管杭工法です。
汚水・残土などの産業廃棄物や、騒音・振動などの問題を解決するとともに、高支持力、高耐震性、低コスト、短工期を実現します。

ページトップへ戻る

特長

杭の先端に螺旋状の羽根を取り付け、回転圧入による貫入を行う為、無排土で施工ができセメントミルク・コンクリートなどの養生期間を必要としない為、他工法より短期間で施工できます。また、鋼管杭を逆回転する事により、容易に杭を抜くことが出来るので、リサイクルが可能です。

無排土 杭の先端に螺旋状の羽根を設けて回転圧入による貫入を行うため、無排土施工を実現しました。このことにより、杭周辺地盤を締め固める効果も得られます。
低騒音・低振動 全旋回機等による回転圧入工法の採用により、杭を地中に貫入する際に衝撃を発生せず、低騒音・低振動施工を実現しました。
大支持力 回転圧入工法による先端地盤の締め固め効果、及び羽根の拡底効果により、大きな鉛直支持力を得ることができます。
高品質 最終根入れではトルクにより支持層を確認することができるため、高品質で信頼性の高い杭基礎の構築が可能です。
高耐震性 鋼管杭基礎であるため、大きな変形性能を有しており、耐震性に優れています。
大引抜き支持力 貫入時に羽根部に推進力として作用した受動抵抗力が、そのまま引抜き抵抗力となるため、大きな引抜き支持力を得られます。
削孔状況

削孔状況

初期圧入

初期圧入

刃先

刃先

ページトップへ戻る

杭の寸法について

NSエコパイルに用いる杭径と羽根径の組み合わせは下表のようになります。

ページトップへ戻る

施工フローチャート

全旋回ケーシングジャッキ

全旋回ケーシングジャッキ
ページトップへ戻る